日曜日, 11月 11, 2007

儚い知識で為替をみる

FXの実験を終えて、やる気はなくなったものの
為替に対しての興味が残った。

それで、チラチラみていると、日本時間で
土曜の午後6時ころから、すごいことになっている。

円が(ドルに対してだけでなく)主要な通貨全てに
大して、急激に高くなってきている。

全ての通貨に対して同じように一気に上昇し
グラフが同じような形をしていることと、

オーストラリアドルのように金利が高くて
円キャリートレードに特に使われているらしい
通貨での変動が比較的大きいところから、

これがいわゆる円キャリートレードを一気に解消
使用としていることによる通貨の動きということ
なんだろうと推測できる。(そんなことは誰でも推測するわな)

サブプライムローン問題で金融システムに不安を感じる人が
増えると、ともかく、キャッシュに戻そうとするらしい。

こういうとき、うまくやって稼ぐ人もいるんだろうけど、
こういうシステムってなんかそもそも危ういように見える。

サブプライムローンは元々アメリカの問題だけど、
異常な低金利と膨大な国の借金は日本の問題だ。

そういったものが次から次へと関連してしまって
それが本の一時間あまりで、一気に主要通貨に
波及する。なんて軽いんだろう。

その軽さが危うさにも感じられて、こんなものなのかと思った。

1 件のコメント:

ブラックコート さんのコメント...

俺は2週間前ぐらいにユーロ預金を円に換金したがセーフだった。危なかった。
株のほうはずっと落ちているので当分売れそうもない。